二条・四条大宮(朱雀第一・洛中)の賃貸・不動産ならアズライフへ > 株式会社アズライフ 京都賃貸住宅サービスのスタッフブログ記事一覧 > 京都市で猫の飼育が可能な賃貸物件特集

京都市で猫の飼育が可能な賃貸物件特集

≪ 前へ|豊かな自然から世界文化遺産まで!魅力がつまった京都府左京区の住みやすさとは   記事一覧
カテゴリ:物件情報

犬はOKだけど猫はNGなお部屋がある?


今回はペットを飼われている方のお部屋探しあるある・・
犬はOKだけど猫はNG問題です。

これは実際に不動産会社に問合せて初めて知るというパターンが
多いですね。なんで??という質問も良くお聞きします。


これは猫に対してのイメージや、実際に過去に起きたトラブルを元に
家主さんが入居者募集の条件として猫はダメ!とされている事によります。
犬の方がワンワン鳴くから迷惑そうですが、、何故でしょう??

猫が断られる2大理由


猫不可の理由①
壁や床をガリガリ、爪とぎの習性

 最大の理由はこの傷問題です。猫を飼われている方なら対策も十分されてますし、
 そもそも個体差もあるのですが、家主さんにはそんな事は分かりません。
 また、以前猫OKで賃貸した結果、お部屋の中がボロボロに・・・という経験のある家主さんですと
 私の猫ちゃんは大丈夫です!と言ってもなかなか受け付けられません。
 退去の時にならないと、誰にも実際の事は分からないからです。
 壁紙くらいなら問題無いですが、建具などが傷つくと簡単に交換する事もできず
 高額な原状回復費用が発生する事も。。そうなったらちゃんと支払ってもらえるか不安
 という事になります。

猫不可の理由②
臭いの問題

 これも家主さんから断れる理由の一つです。
 飼っている方は気づきにくいようですが、猫を飼育されていた後のお部屋は独特の臭いがあると!
 これは体臭では無く、おしっこの臭いの様です。
 これも色々対策されているとは思いますが、家主さんにとっては退去時まで分からないので不安
 要素となります。

犬はOKで猫は不可の物件に関しては、鳴き声などの騒音問題はお互い様で
なんとかなるけど、猫による汚損に関しては原状回復費用への不安が強いという事に
なりそうですね。

実際に猫OKのお部屋を見ると、
原状回復費用を見越し、賃料UPや敷金増額を取り入れている事がほとんどです。
逆に猫不可でもそれらの交渉によっては猫OKになる可能性もあるという事なります。
お困りの際は是非一度ご相談下さいませ。


最後に・・・



アズライフではペット飼育可物件の中でも猫OKに絞って検索する事も
できますので是非ご活用下さいね。



 



≪ 前へ|豊かな自然から世界文化遺産まで!魅力がつまった京都府左京区の住みやすさとは   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約